How to

キッチンが驚くほど片付く!正しい断捨離と収納のコツを紹介

食事の支度をしたいのに、なんだかキッチン周りが使い勝手が悪い

毎日使うキッチンは片付けてもすぐ散らかってしまうので大変

そんなお悩みを抱えている人は多くいるかもしれません。

特に小さいお子さんがいたりと家族が多い場合や、仕事と家庭の両立をしていて、毎日忙しくしている人などは、できるだけ家事は時短で、素早く行いたいと考えている人は多いのではないでしょうか?

毎日のルーティーンの中で、手が慣れてくれば、家事も早くなるかもしれませんが、実はもっと視点を変えることで使いやすいキッチンになる方法があるんです。

それは、キッチンにあるモノを見直すことと、収納方法を改善する方法にあります。

今回は家事が早く片付くキッチンが使いやすくなるための断捨離の方法と、知らないと損する収納方法について紹介していきます。

キッチンが散らからない断捨離方法とは?

家の中にある水回りの中でも、キッチンは特に食品を扱うことから、衛生面では時に気をつけたい場所ではないでしょうか。

しかし、片付けられない人の多くは、収納棚に収まらないくらいのキッチン用品を持っていたりと、ちゃんとモノの定位置を決めていないため、いつもモノが散らかったキッチンになってしまいがちです。

そんな片付かないキッチンを2度と散らからないようにするには以下の事を意識することが重要になってきます。

・キッチン用品は使いやすいものだけを選ぶ

・お気に入りのものを使う

・収納に収まる分しか買わない

まず、片付けの鉄則として、収納に収まる分しかモノを持たないことを意識しましょう。

いくら片付けが上手であっても、食器やキッチン用品が収納から溢れかえって、そこら中に平積みされているのであれば、見た目的にも清潔なキッチンとはいえないので、収納に収まる分までモノを減らすことが使い勝手のキッチンにするための必要事項です。

また、モノの選定方法として家中全てのモノに共通することですが、基本的に断捨離は「全部出し」をしてから、いらないものを仕分けていくことがリバウンドしない一番の近道です。

そしてその基準となるのがときめくものを残すという方法です。

自分にとって、目で見て使って気分が上がるモノのみを選んでいくことが、毎日の家事を何倍も楽しくする簡単で最大の秘訣になります。

また、モノが多い家庭にありがちなのが、お気に入りの食器などを特別な時のためにとっておくという考え方です。

しかし、残念ながら「いつか」は多くとも年に数回しかやってこないのがほとんどなので、お気に入りの食器を日常使いにして、そのほかの食器は見直して手放すと、スペースも生まれ、なおかつ好きなものだけ集まったキッチンになります。

また、毎日の家事をスムーズに進めるためには、「お手入れのしやすい使い勝手の良いもの」を選ぶことも大きなポイントでしょう。

形が複雑で洗い物に時間がかかってしまったり、お手入れに時間がかかってしまうものは、いくらお気に入りのものでも、最初は使うかもしれませんが、だんだんと出番がなくなってきてしまいがちです。

また、1つの用途としてしか機能を果たさず出番の少ないキッチン用品などは、他のもので代用することができないかを見直してみることで本当に一軍だけが揃ったキッチンになります。

使い勝手の良いキッチンの収納のコツ

使い勝手の良いキッチンにするには、断捨離をするだけでなく収納も見直す必要があります。

基本的に使い勝手の良いキッチンの収納のポイントは以下の3つになります

・全てのモノの定位置が決まっていること

・使う場所のすぐそばに配置してあること

・取り出すには2アクションまでにする

まずは片付いたキッチンにするためには、全てのキッチン用品に住所があり、余裕のあるスペースでの収納ができることが望ましいです。

そして使う場所のすぐそばに必要な道具が配置できているかが、使い勝手の良いキッチンになり、家事の時短にもなる最大のポイントです。

コンロの近くにはフライパンや鍋類、おたまや菜箸などが手が届く位置に配置するなどして、できるだけその場から一歩の範囲で作業が進められるように収納を考えましょう。

もし、いつも料理中に歩く歩数が多い場合は配置に問題があるかもしれません。

また、モノを取り出す動作は基本的に2アクションまでに意識しましょう。

2アクションというのは、「引き出しを開けて取り出す」という2つの動作ですが、モノが多い人は皿を重ねて収納しすぎたり、引き出しの中にたくさんのモノを詰め込んだりして、さらに多くの動きが必要になってしまいます。

一目で見て、全てが見渡せるスペースを意識して詰め込みすぎを防ぎましょう。

まとめ

キッチンが片付く断捨離と収納のコツについてみていきましたが、いかがでしたか?

このようにキッチン用品の見直しと、収納方法を少し意識することで使い勝手の良いキッチンにすることができます。

家事に追われていつも疲れ切っている人は、決して手際が悪いわけではなく、モノの配置が悪かったり、使い勝手が悪い可能性が高いかもしれません。

時間に追われていると感じているのであれば、なおさら毎日の当たり前にしている習慣に意識を向けてみましょう。

きっとやる必要のない「ムダな動作」が、そこら中にあふれているはずです。

こうした片付け方法はキッチンだけでなく、全ての片付けに共通することなので、ぜひ実践してみてくださいね。